Klang-Gear Blog

martin(マーティン) と samlie(さむらい) / ゲーム音楽の創作やアレンジに生きる中年予備軍の日記。

M3に向けてのCD制作のスタートから今まで

ホームページのトップにも記載しておりますが、

Klang Gear - DTM factory in Japan.)

 

10/28 日曜に開催されるM3-秋に展示参加致します。

昔から参加してみたいと考えていた、アマチュア音楽創作家が集う

大イベントですが関西に住んでいる事や趣味に投じる資金にも限界があり

なかなか参加が叶いませんでした。

 

そして創作そのものからも離れていると、余計にCD作って

イベント行くなんて無理だよ~という気持ちになってしまってたというのが

正直なところでした。あと、同人活動家にはあってはいけないような

ポリシーなのですが、”最低トントン”が私の信条なんですね。

さいたまスーパーアリーナのライブをドタキャンした某方みたいな話ですが

私の場合はプライドうんぬんではなく、単純にお金の問題です(笑)

 

ここ12-13年と幅を広げると実は京都や大阪、広島など主に関西エリアでの

同人イベントとかにはこっそり何度か出てました。(オリジナル系じゃないけど)

交通費が全然違いますからね。実際今回も夜行バスでの上京です(笑)

 

で、今回出展を決めたのは経済的に目途が立ったというのが大きいのですが

一番の理由は2年前かオフ会参加で知り合った関西のDTM友達との出会いと、

去年のM3秋が大きなターニングポイントとなりました。

 

2年前に誰かのリツイートみたいな感じで見つけたTwiplaの関西DTMER飲み会やろう

みたいなものを見つけて、気分で申し込み参加したら皆M3の常連者で、たまたま

同い年の方が多くてゲーム音楽の話に花が咲いてそれは盛り上がりました。

皆作曲もうまいしDTM歴も長いし、こんな楽しい会はないじゃないかと。

 

そして去年のM3にはその関西の皆が出るというのもあり、出展こそ

申し込まなかったのですがコンピ参加という形で話を頂いていた人気音楽サークル、

もぜ園のMozellさんのブースで売り子として参加させて頂きました。

この時私は初めてM3という場所を知ったわけですが、この場所に来たからこそ

その昔コンピのお話を頂いたやまもさん(in the blue)、AD794さん、それから

大阪で15年前に出会って以来の再会のゴッツーさんに出会って、

なんだかここは同窓会の会場か、という感じの気持ちになりました。

 

この時に少なくとも1回は出よう、と決心したのですが今年に出ることになる

とはあまり思ってなかったですね。

それが実現できたのは、これまたMozellさんが合体で出ましょうと今回

申し出てくださったこと、またMozelさんの企画に再度声をかけて頂いた事が

大きく影響しました(感情的にも経済的にも)。

 

また、関西での飲み会軍団はなんかいつのまにか仲良くなってしまって

不定期ながら何度か開催されるようになり、この度チームとして

やってみようよという話になり「Bekir e coma -ベキルエコマ 」を結成。

(Bekir e coma – 関西DTMerの集い)

社会人になってからこういう学生のクラブみたいなのが利害関係なく

できるって素敵なことだな、てすごく思います。

 

てなわけで春ごろからCD制作についての計画を立てたものの

春はドイツ、夏はタイ、フランスと海外出張の予定が入ってたりして

結局オリジナルの新曲はぜんぜんできない見込みが立ってしまってたので

今回は未発表の旧曲をリマスターしたりしてCDとすることにしました。

でも、最近の音も聞いてほしいな、という気持ちもありそちらの音源を

即売会限定の特典として付けることになったというのが今回の作品、

 

KLA-ONE -音楽素材の蔵

とその特典である KLARAGE - クラレージュ です。

https://www.klang-gear.com/cd-klaone.html

 

自分の中ではやはりオリジナルの新曲がないことが目新しさに

欠けるという印象なのですが、それでも昔の曲を聴きなおしたり

創作活動の楽しさを久々に味わったよき創作期間だったと振り返っています。

 

人に助けられて生きている、というのをしみじみ感じる

中年予備軍のDTMER、Martinさんです。

 

楽曲は自慢のものを集めましたし、ぜひ買ってください!

来年出るためにもなんとか採算突破を目指せ。